日常、介護、片付け、ワンコ…雑多な日記ブログです

朝ドラ『花子とアン』 生きている証(あかし)

2014年09月08日
朝ドラ『花子とアン』 10
昨日ふと思ってしまったのですが、このドラマの初回の空襲のシーンは東京大空襲…ですよね。
その時吉高さんは、覚悟の(?)老けメークをしておられたような…
(録画を消してしまったので確認できないのですが…)
 
その時、吉高さんを私は最初すごいなぁ~と、どんなシーンでも綺麗な顔を崩せない女優さんもおられますが吉高さんはそうじゃないと称賛したつもりでした。
でも、あと4年でその時は来るのに、今のままの綺麗なお顔で大丈夫なのかなぁと、いらぬ?心配をしてしまいました。
 
2~3年が経ったということで、突然あのメークになってしまうのかな?
なにか勘違いをしていたら、すみません。
 
とにかく皆さんの年齢がわからないので、ピンと来ない部分があります。
花子や蓮様が何歳で結婚したのかもわかっていないです。
 
 
ももちゃんは幸せな結婚ができ、良かったですね。
結核になった旦那さんがあっという間に帰ってきたのには驚きました(笑
花子もかよちゃんも、ももには随分助けられています。
 
今日の勇ましいかよちゃんは新鮮でした。壇蜜さんの演技も結構良い!
まさか、あのようなご近所さんのいがみ合いがあったとは…
 
 
気が付けば、蓮様の姑さんが亡くなっていました。
きつい印象はあったけど、蓮様の頑張りを最後は認めてくれ、息子を見捨てないで欲しいということまで言ってくれました。
最後はいい関係になれて良かったです。
 
その宮本は、今日出かける支度をして出ていてしまいました。
長い留守になるようです。
また中国へいってしまうのでしょうか?
是非、生きて蓮様のところに戻って来て欲しいです。
蓮様は宮本を、本当に大事に大事に思っていますものね。
 

今日の最後、子供に玄関に石を投げつけられてしまった村岡家。
非国民と言われていました。
なんで、こんな目にあうのでしょう。
カナダ人が出入りしていたから?
ラジオのおばさんとしての戦争のニュースを読まなくなったから?
兄は憲兵をしているのにね。

明日も気になります。
PVアクセスランキング にほんブログ村良かったらポチッとお願いいたします。
しんべい
この記事を書いた人: しんべい
当ブログにお越しいただきありがとうございます。
物を捨てるのが苦手な専業主婦です。老後に向けての片付けブログの予定が、雑多な日記帳になりました。旦那・娘と暮らしています。息子は結婚して他県に在住。男の子の孫が一人います。
ワンコが2021年3月2日に旅立ちました。
よろしくお願いします。リンクフリーです。
2008年9月28日ヤフーブログ開始 2019年6月12日FC2へお引越し

コメント 10件

コメントはまだありません

-  

No title

暗い時代になりましたね。ここは明るく乗り切って早く戦後の自由な世の中になるよう祈ってしまいます

2014年09月08日 (月) 12:09

【2号】  

No title

スコット先生の「友情の証」が赤毛のアンになるんですね。
先生の年齢も不詳ですけど(笑)すぐに翻訳を始めた花子が好印象でした。

早く戦争が終わって欲しいなぁ~と思います。

2014年09月09日 (火) 07:54

ihatov1001  

No title

終戦まであと1年でしょうか。放送終了までひと月を切りましたが、急に展開が早くなってきましたね。

私も当時、あの老け顔の吉高さんに好印象を持ちました。それとも確か眼鏡をかけておられたので、それで老けて見えたのでしょうか。何にしてもみなさん、結構良いお年ですよね(笑)。

2014年09月09日 (火) 12:31

しんべい  

No title

散歩の名人さん、こんばんは
本当に暗い時代に入りましたね。それぞれにどんな運命が待っているのか心配です。早く戦争が終わって欲しいですね。

2014年09月09日 (火) 20:18

しんべい  

No title

2号さん、こんばんは
赤毛のアンをスコット先生から受け取るとは思いませんでした。そうそう、スコット先生、いつまでも変わらないですね(笑

本当に早く戦争は終わって欲しいものです!

2014年09月09日 (火) 20:21

しんべい  

No title

イーハトーブさん、こんばんは
このところ、本当に年数が過ぎるのが早いですね~

吉高さん、首の皺メークが印象的でした。
手は、手だけ他の高齢の方のを出しているのかと思ったくらいなので(^^ゞ
本当に皆さん、おいくつなのでしょう(笑 結構見ながら気になっています。

2014年09月09日 (火) 20:27

-  

No title

今週は花子にとっても周囲にとっても試練ですね
とにかく生き残ることに必死の時代でした

2014年09月10日 (水) 07:37

しんべい  

No title

散歩の名人さん、こんにちは
食べ物の調達の難しさは、カーネーションを思い出します。
子供たちも疎開しましたね。年寄りだけで世話は大変だし、ももちゃんも疎開しては?と思いました。

2014年09月10日 (水) 12:38

-  

No title

そうでしたね。カーネーションでは糸ちゃんが自転車で必死に家族に食料を運んでいました。庶民はみんな苦労していたんですね。

2014年09月10日 (水) 13:48

しんべい  

No title

散歩の名人さん、こんばんは
糸ちゃんのあの自転車姿は忘れられません。大変な時代だったのですよね。

2014年09月13日 (土) 22:38