日常、介護、片付け、ワンコ…雑多な日記ブログです

朝ドラ『花子とアン』 想像のツバサ? (~火)

2014年05月20日
朝ドラ『花子とアン』 4
花子の教師ぶりを見ていると、どうしても『おひさま』の陽子を思い出してしまいます。
花子が子供達に自分のことを、「花子先生と呼んでください」って言わなくて、ほっとしました。
 
確か陽子先生のクラスの子たちは、とっても良い子たちばかりで、いつも先生、先生って陽子を取り囲んでいた(ちょっと嘘っぽい…ゴメン)イメージがありますね。
課外授業に出てしまうところは同じだわ。花子は摘んだ野草をお粥にまではしないと思うけど…

花子のクラスには昔の花子と同じように、赤ん坊を背負いお昼ご飯を持って来れない?子が一人いて、花子が一時の同情でおにぎりを一つやり、校長先生に怒られてしまいました。
母親が死に、父親は外に働きに出かけていて、あんな小さな(6年生だから12歳くらい?)子一人で家の留守を守っているのです。その場限りの同情で、彼女が救えるわけもないのですよね。
彼女は彼女なりの覚悟で必死で生きているということでしょう。

とは言え、私も花子と同じことをしてしまいそうですが……
 
ところでネットを見ていて、花子の家や家族の身なりが汚すぎるという意見を見ました。
確かに顔も洗っていないのか?と思わせる汚さではあります。
色黒メイクは仕方ないとしても、寝る場所ぐらいには清潔感は欲しいものですね。
でも、大きな声で言わなければと思うほどに気にならなかったのは、私がおばさん年齢で、ドラマの写しようがドラマゆえの誇張にしか見えないからかもしれません。
若い方には、もっと綺麗だったはずと知って欲しいですね。
 
蓮子様ですが、今週は姿が見えません。
先週は、蓮子様は家族に食事マナーを教えていたし、伝助も娘(妾の子らしい)も嫌な顔をしつつも蓮子に頭が上がらないようなので、まぁお元気そうだわと安心していたのですが、幸せそうかと言えばそうでもなさそうだし…
お手伝いさんって、結構陰口を言うのですね~~
花子を見ながらいつも気になる蓮子様の存在です。

そうそう、白鳥さまは山梨のご出身でした(笑 
白鳥さまって今は高等科の学生なのでしょうか?教師ではないですよね。
蓮子様の兄が蓮子様に、「ここを出るな」と最初言っていましたが、望めば一生でも面倒を見て貰える学校なのか?
よくわかりません。
 
『花子とアン』は、面白いのですが、彼女だけの人生を見るなら淡々と面白いというか、さほど突っ込みどころもなく怒りがわくこともなく、私の都合で言えば、ブログ記事にはしにくいドラマではあります。
 
でも明日も楽しみです。
PVアクセスランキング にほんブログ村良かったらポチッとお願いいたします。
しんべい
この記事を書いた人: しんべい
当ブログにお越しいただきありがとうございます。
物を捨てるのが苦手な専業主婦です。老後に向けての片付けブログの予定が、雑多な日記帳になりました。旦那・娘と暮らしています。息子は結婚して他県に在住。男の子の孫が一人います。
ワンコが2021年3月2日に旅立ちました。
2022年9月 ミニチュアダックスが新しい家族になりました。
よろしくお願いします。リンクフリーです。
2008年9月28日ヤフーブログ開始 2019年6月12日FC2へお引越し

コメント 4件

コメントはまだありません

【2号】  

No title

何とか追い着いている状態の私です(笑)

確かに花子の家や家族の身なりが汚すぎるように思います。
もう少し表現に気を遣って欲しいですね~

このドラマで一番の驚きが白鳥さまの山梨の出身でした。
方言のシーンも良かったです。

しんべい節大丈夫です!! 楽しく読ませていただいてます!(^^)!

2014年05月20日 (火) 19:25

ihatov1001  

No title

なるほど、起伏が少なく結構淡々と進んでゆきますよね。私は同じ伝記的ドラマ、カーネーションの糸子と比較してしまいますが、カーネーションは波乱万丈でした(笑)。

先週の話になりますが、卒業式のブラックバーン校長の送辞がとても感動的でした。実在のモデルがいるのか知りませんが、さぞかし立派な方だったのでしょうね。

白鳥さまは確か職員として残っているのではないでしょうか。

2014年05月20日 (火) 22:13

しんべい  

No title

2号さん、こんにちは
花子の家、ちょっと汚いですよね~~
なんというか色がない!もう少し色があったら楽しめそうなのに…
蓮子様が初めて来るといういことで大掃除をしていましたが、どんなに変わるのかと期待していたら箒で掃いただけだったのが残念でした。蓮子様に広い玄関なんて言われてましたね(笑
そういえば、花子の初出勤で着てた綺麗な服は、自前で用意できたということかな?

ありがとうございます。
少し初心に帰り、書きたいことから書けば良いかも~と思った昨日の書きこみでした。

2014年05月21日 (水) 13:08

しんべい  

No title

イーハトーブさん、こんにちは
確かにカーネーションのほうは波乱万丈でいろいろあって、ハラハラしっぱなしのドラマでしたよね(笑
花子のドラマは穏和な(ちょっと緩い)感じでしょうか?

そうでした!!ブラックバーン校長の送辞はとても良かったですね。
こちらの胸にも響くものがありました。イーハトーブさんに言われて、また録画を再確認してみたくなりましたよ。
花子の和訳も良かったのでしょうね。

白鳥様、職員だったのですね。
以前役の方が苦手と書きましたが、またどこかで出てきて欲しくなりました。このままいなくなるのは寂しいですね。

2014年05月21日 (水) 13:20