日常、介護、片付け、ワンコ…雑多な日記ブログです

朝ドラ『だんだん』その110

2009年03月25日
朝ドラ『だんだん』 2

石橋さんは、検査入院を拒み、家での療養を望む畑田さんの気持ちを受け入れることを、『ただ死ぬのを待つこと。医者として何もできていない』と捕らえているようです。

父を助けられなかった自分に責任を感じている彼は、何が何でも患者の病気と闘うことしか頭になく、自分の疑問を後藤先生にぶつけます。

後藤先生の答えは、石橋にとって思いも寄らないことだったと思います。

「死ぬのを待つんやない。最後まで生ききった人生を見つめるんや。人の人生は人それぞれ違う。一人の人の人生を宝物のように見つめるのがお前の仕事や。それが大病院にはできないこの島の医療行為や。わしはこの町に来て、どれだけの人生を教わったか…」


京都では、のぞみちゃんが以前思っていた、『昼間、女性客に舞を楽しんでもらうこと』を久乃さんに相談しています。
「思い切ってやってみたらいい」久乃さんはのぞみちゃんに好きなようにすればいいと勧めてくれていました。
この久乃さんののぞみちゃんへの接し方、のぞみちゃんも考えたらいいのになぁ~
のぞみちゃん、決して厳しいことばかりの舞妓時代じゃなかったと思うけど、花知ちゃんにはやたら厳しいばかりで、やさしさを感じません。

のぞみちゃんに足らないところを康太が補っているんですね。
厳しいことをいう涼乃に「うちの花知をいじめんでごしない」って。
康太と出雲弁で話すことで、花知は京言葉になかなか慣れないのかも…とも思うけど・・・
のぞみだって、やさしいおじいちゃんがいたのに…のぞみは自分の事忘れたのかな?


久しぶりにサブライドの澤田さん、花雪さんを名指しして登場です。
そういえば、ドラマの中は3年後の未来です。
澤田さん「3年前の世界的大不況でもろにやられました。…オバマのお陰でアメリカも立ち直りました。…サブライドも盛り返しますよ」ですって。
のぞみが女将になったことで、この二人はこのままですね。
それを確認しあった二人……かな?


畑田さんのところへ往診し、世間話をする石橋さん。
「いぶり(胆振?)に行きてぇ」という言葉を引き出せました。いぶりは畑田さんが昔牛を育てていた場所のようす。
牛の話になると生き生きとしてくる畑田さんでした。

PVアクセスランキング にほんブログ村良かったらポチッとお願いいたします。
しんべい
この記事を書いた人: しんべい
当ブログにお越しいただきありがとうございます。
物を捨てるのが苦手な専業主婦です。老後に向けての片付けブログの予定が、雑多な日記帳になりました。旦那・娘と暮らしています。息子は結婚して他県に在住。男の子の孫が一人います。
ワンコが2021年3月2日に旅立ちました。
よろしくお願いします。リンクフリーです。
2008年9月28日ヤフーブログ開始 2019年6月12日FC2へお引越し

コメント 2件

コメントはまだありません

名無しの権兵衛  

No title

こんにちは。
確かにのぞみちゃんは花知ちゃんには厳しすぎますね。久乃さんも厳しかったけど愛情が感じられました。
のぞみちゃんはも歳を重ねると久乃さんのようなおかみになれるんでしょうね。今の花知ちゃんには康太だけが息を抜くことができる存在なのでしょうね。
康太は康太でなんか息苦しそうな生活をしてそうですし、気が強いのぞみちゃんのシリにひかれてる感じがしました。
これはあくまでも私のカンですが康太とのぞみちゃんは離婚しそうな気がします。

2009年03月25日 (水) 11:42

しんべい  

No title

琉理さん、こんにちは~
とってもサプライズな予想です^^
でもこのままだとそうなりそうですよね。
のぞみちゃん、もう少し周りの人のことも見えるといいのですが、いろいろ経験を積まないとそれも難しいんでしょうか?康太も花知も心配です。
後3日しかない『だんだん』、最後まで見逃せませんね。

2009年03月25日 (水) 21:43