日常、介護、片付け、ワンコ…雑多な日記ブログです

冗談でもそんなこと言わんで・・・

2022年09月05日
母のこと 2
くり

台風のせい?なのか、今日はかなり暑いです。このところ朝のひんやりした空気を楽しんでいましたが、暑さのぶり返しは堪えますね~
さて、先日母の所に行ったときに、私の方の実家の永代供養をお願いしたお寺の写真を印刷して届けておきました。

冗談でも言わんで(言わないで)

このお寺での永代供養には13年と33年があり、それを過ぎれば合祀になります。
どちらにしようか迷ったのですが、息子に「自分たちがお参りに行くのに、13年では短すぎるから33年がいい」と言われ、 33年にしました。そう言ってくれた息子の気持ちが嬉しかったです。
で、それを母に伝えようとして「33年はたぶん私は生きていないけど、○○が・・・」と言いかけたら、「冗談でもそんなこと言わんで」と言われました。母「私も90まで生きているのに、あんたも長生きするでしょ」と。
33年後のことでも、こういう話題はして欲しくなかったみたいです。
まぁ少しでも、歩ける健康な状態で長生きできたらいいなぁと思います。

昔の話

若い時の母は、よく家族のために動いてくれたけど、きつく言われた思い出もたくさんあります。
弟に対するよりもきつかったイメージがあり、後になって弟は子供の頃から喘息がひどかったので自然とそうなったのかなと思いました。父がほとんど家のことをしない人だったので、母親につきまとう子ではありました。
母にしてみれば「ほったらかしていたのに、よう育ったなぁ」だそうですが・・・

父が亡くなった時、葬儀が落ち着いたその晩、母に寄り添うつもりで私も実家に戻ろうとしたら、『あんたはもう家に帰られ!」と言われました。たぶん、一人で泣きたかったのかなと思います。
でも、ちょっと距離を感じたというか、寂しさは感じました。一人また特急やくもに乗り、泣きながら家に戻った覚えがあります。

今ホームにいる母も「調子は良いよ」としか言いませんので、やはり心配をかけまいと思う気持ちが強い気がします。
思うように動けないから「情けない」とはよく言っていますが。
上手く言えないのですが、「言わんで」と言った母の言葉に、ちょっと気持ちが暖かくなった自分がいました。
母と会話をすると昔のことを色々と思い出します。 PVアクセスランキング にほんブログ村良かったらポチッとお願いいたします。
しんべい
この記事を書いた人: しんべい
当ブログにお越しいただきありがとうございます。
物を捨てるのが苦手な専業主婦です。老後に向けての片付けブログの予定が、雑多な日記帳になりました。旦那・娘と暮らしています。息子は結婚して他県に在住。男の子の孫が一人います。
ワンコが2021年3月2日に旅立ちました。
2022年9月 ミニチュアダックスが新しい家族になりました。
よろしくお願いします。リンクフリーです。
2008年9月28日ヤフーブログ開始 2019年6月12日FC2へお引越し

コメント 2件

コメントはまだありません

ポンデリン子  

しんべいさん、こんばんはぁ~
親が段々老いて弱くなり、小さくなってく姿を見ると
胸が締め付けられる気持ちになった事を思い出します・・

何でもっと早く、こんなに色んな話を母から聞いておかなかったんだろう?
何度悔やんで泣いた事か・・
自分が亡き親の年齢も追い越した今、親ってどんな風に思ってたんだろう・・
頼りない自分の今と、思いっきり頼りにしてた今自分より若かった母を想うと
矛盾だらけ・・

しんべいさん、話せる内に、もっといっぱいいっぱい色んな話を
お母さんから聞いておいてね・・
その会話は絶対に忘れないと思います。
リン子も、もぉ一度母と話がしたいです・・泣
叶わない事程、想いは募りますね・・・シミジミ・・v-406

2022年09月09日 (金) 00:13
しんべい

しんべい  

To ポンデリン子さん

リン子さん、こんにちは~
コメントを、ありがとうございます♪

リン子さんは、お母様を早くに亡くしておられたのですよね。一番身近な存在だった人を亡くしたのですから、色々と思ってしまいますよね。
私も20代の弟を亡くしましたが、やはりもっと色々してあげていたら良かったなぁとか、(結婚も決まっていたので)生きていたら甥っ子や姪っ子がいて可愛がっていただろうなぁなんて考えてしまいます。叶わないことなんですけどね~

少し前までの母は元気で、電話で色々話もできましたが、今はすぐに切ってしまったり弱気なことを言ったりで最近では様子が今ひとつつかめず、大丈夫かなぁと心配になることが多いです。
でも、母は母で頑張って生きようとしてくれていますので、私もできることをしてあげたいですね。昔の話を聞くと懐かしそうに話してくれるので、母も楽しいのかもしれません。

自分も歳を重ねて、今の自分の歳に母はどうだったのかなぁと思ったり、その時の自分の年齢を考えたりします。祖母への愚痴を聞かされると、母も子供だったんだよなぁなんて気づかされますね。
リン子さんが言われるように、これからも色々な話をしていきたいです。
リン子さん、ご自分が辛いことなのに、コメントありがとうございます。

2022年09月10日 (土) 10:28