日常、介護、片付け、ワンコ…雑多な日記ブログです

ホームからの電話

2021年01月30日
母のこと
雪の結晶

木曜日の午前中にホームから、母が呼吸が苦しく血中酸素濃度が90を切ったとのことで、
救急車で病院を受診するという連絡が入りました。
病院ではCTや心エコーなどの検査を受け、午後になってやっと母の顔を見ることができましたが、
酸素マスクをつけた母は、しんどそうに見えました。
でも本人は、こんなことで救急車を呼ぶなんてとか、入院になったと言えば、何で帰れんのん?と聞くし…
見た目と違い、話すことだけは達者なのです。


先生のお話では、肺に水が溜まっているとのこと。心臓は今までに比べて悪くはないので、腎機能のためでしょうと。
今も利尿剤をぎりぎり使っているので、どこまで水が出せるかわからないけど、点滴で様子を見ましょうと話されました。
で、これで良くならなければ透析を考えないといけないそうです。
透析になれば、今後のことを色々と考えないといけませんが、とりあえず入院しての様子見になります。
入院中は食事療法もしっかりしていますし、安静も保てますので、これで体の水が出てくれると良いのにと願っています。


母はあまり自分の体がどれだけ悪いかはわかっていない気がします。
わかっていて私に心配をかけまいと元気に見せているのかもしれませんが、なかなか食事制限とかは難しい人なのです。
自覚的にしんどさがない時は、大したことがないと思うようです。
透析になったら、どれだけショックだろうなぁと思ってしまいます。


少しの間、コメ欄閉じますね。ワンコの不調もあり、なかなか…気分が重いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村良かったらポチッとお願いいたします。
しんべい
この記事を書いた人: しんべい
当ブログにお越しいただきありがとうございます。
物を捨てるのが苦手な専業主婦です。老後に向けての片付けブログの予定が、雑多な日記帳になりました。旦那・娘と暮らしています。息子は結婚して他県に在住。男の子の孫が一人います。
ワンコが2021年3月2日に旅立ちました。
よろしくお願いします。リンクフリーです。
2008年9月28日ヤフーブログ開始 2019年6月12日FC2へお引越し