日常、介護、片付け、ワンコ…雑多な日記ブログです

嫁いだ時に驚いたこと、その2

2020年05月23日
思い出話 4
着物の女性の後ろ姿

昨日、実家でのお茶の入れ方に驚いた話を書きましたが、そのつながりで思い出したことがあったので記事にしますね。

結婚式が終わり、一月ほどして私達は旦那の実家に帰りました。当時は実家とは車で5時間くらい離れたところに住んでいました。
何のために帰ったかと言えば、結婚式に呼べなかった方々に、私達夫婦をお披露目するためです。

どういう方達かと言えば、舅の職場の方々、ご近所の男性、ご近所の女性です。土曜日の昼と夜、日曜日の昼の合計三回、それぞれ家に来て頂き、私達夫婦は、その方々の前でご挨拶をするのです。お一人お一人にお酌もして回りました。

旦那の服装は覚えていません。羽織だった気もします。で、私の服装は着物です。毎回振袖→小紋とお色直しして皆さんの前に出てきます。この二日間で6回、着物を着換えたことになります。その都度近くの美容院に行って着替えたんだと思います。←よく覚えていない。
頭の方も、セットをしてもらっていますので、昼と夜の間の時間、頭のセットを崩さないように臥せって横になり休んだ覚えがあります。

その土地その土地で、色々な慣習?があるものだなと思いました。今では、大変だったねぇと笑って言えますが、もしかしたら旦那はあまり覚えていないかも。意外と、私の方が細かいところまで覚えていて、旦那は「そんなことあったっけ?」なことが多いんですよ。まぁ良いんですけどね。

そんなこんなの昔話でした。

一つだけ、別の話になるけどなんだかなぁと思った事。私の結婚式の時は、義妹のお付き合いのある美容院にお願いしたんです。そこじゃないと都合が悪かったみたいですし、私も旦那の家の方の事はよくわかりませんでしたのでお任せでした。
で、その義妹が結婚するとき、何の気なしに○○の美容院(私がしてもらったところ)にお願いするんだねって言ったんです。そしたら義妹「ううん、あそこは下手だたら、私は頼まない」ですって。何ですと!?(怒)でしたわ。やれやれな話でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。ちなみに、義妹達とはそれなりに仲良くさせて貰っています。ちょっとはっきりものを言い過ぎなのが気になる所…

PVアクセスランキング にほんブログ村良かったらポチッとお願いいたします。
しんべい
この記事を書いた人: しんべい
当ブログにお越しいただきありがとうございます。
物を捨てるのが苦手な専業主婦です。老後に向けての片付けブログの予定が、雑多な日記帳になりました。旦那・娘・わんこ1匹と暮らしています。息子は結婚して他県に在住。
初孫産まれました♪
よろしくお願いします。リンクフリーです。
2008年9月28日ヤフーブログ開始 2019年6月12日FC2へお引越し

ランキングに参加しています。

ポチッと押していただけると、喜びます♪

コメント 4件

コメントはまだありません

シナモン  

こんにちは。

その土地で色んなやり方があるのですね。
振袖から小紋に着替えたりは初めて聞きました。
私は東京で生まれ育ったので結婚式の前に主人の親、兄弟が結婚式に出るので泊まりにきました。
ビックリしたのはうちの仏壇にまでお祝い金を持ってきました。

〇〇美容院ではやらないと義妹さんが言った言葉には、ええ~?ですよね。

2020年05月24日 (日) 12:32

なでしこ  

その土地によって色々な慣習があるのですね。
それにしても、2日間で6回も着物をお色直しをするなんて大変。
今でもその慣習は残っているのでしょうか。

夫の実家地方ではご近所の方たちを招いて嫁入り道具を披露しました。
箪笥の中身も全部見られるなんて信じられなかったです。
式当日は義母と母が私の名前入りの風呂敷を持ってご近所に挨拶回りをしました。
人の名前入りの風呂敷を貰っても嬉しくないわと毒づいた遠い昔です(笑)

2020年05月24日 (日) 17:23
しんべい

しんべい  

To シナモンさん

こんにちは
コメントをありがとうございます。

他にもここまでする地域ってあるんでしょうかね。びっくりです。ご近所さんを招待するということは、この地域ではどの家も、長男の結婚の時はこんな感じだったんだと思います。
振袖と小紋は私が持っていた着物の中で決めました。
お仏壇に結婚のお祝いですか?シナモンさんの旦那様のご家族ですよね。確かにびっくりしますね。所によって、色々なやり方があるのですね。

義妹の一言、『下手だから』は余分ですよね~ 他に頼むとしても別の言い方があるでしょうにと思いました(^^ゞ

2020年05月25日 (月) 13:25
しんべい

しんべい  

To なでしこさん

こんにちは
コメントをありがとうございます。

当時の事はあまり覚えていないのですが、6回着物を着るのは忙しなかったと思います。間でぐったり休んだ記憶があります。旦那の実家の周りは、他にもいろいろな行事がありますが、兼業で働く人も増えているので、段々縮小されてきているようです。今はもうこういうのはないんじゃないかなと思っているのですが、どうなのかな?

>嫁入り道具やタンスの中身が見られる
これ、わかります。私たちの場合、遠く離れて住んでいたので、幸いこれはありませんでした。でも近くに嫁いだ義妹は、そうだったんじゃないかな。
私の叔母が私の結婚の時に、着物のかさ増しにと着ていない着物をくれたのです。その時は何で?と思ったけど、後でそういうことかと分かりました^^
なでしこさんは名前入り風呂敷を配られたのですね。確かに、人の名前入りだと使いにくいかもしれませんね(^^ゞ

2020年05月25日 (月) 13:37