日常、介護、片付け、ワンコ…雑多な日記ブログです

50年以上暮らした家から持ち出せたもの

2019年07月10日
母のこと 2
昨日の午前中は、一昨日いけなかった内科を受診。思った通り座れない人が出てくるほど人が多かった。
休み明けということもあるが、看護師さんによるとなぜか火曜日は患者さんが多いらしい。
12時過ぎに終わり、車にガソリンを入れ、簡単に買い物を済ませて帰る。

午後、ふと今週はわんこの病院もあるし、今日母のところに出かけてしまおうと思い、昼食後にホームに出かける。

ホームに入ったら施設長さんにつかまった。
部屋に段ボールが広がっててポータブルトイレも置きにくいので何とかならないかということらしい。
部屋に入るといつもより段ボールがいっぱいで、母に聞くと整理をしようと思い介護士さんに棚の上から降ろしてもらったのこと。
見ると自分で着れそうな夏服をきちんと分けている(しわくちゃに箱に突っ込んであったけど)
結局大きな紙袋(結婚式の引き出物用くらい)二つ分要らないものが出てきて、私が持って帰って処分することにした。
ホームで暮らしているうちに、さほど着るものは要らないということに気がついたらしい。

これで母の部屋にある段ボールは3つになった。
アルバムが入った箱・遺影が入った箱・そして整理した夏服と冬のパジャマが入った箱
少し部屋がすっきりして、母が自分の家から持ってきたものが見えてきた。
ほとんどが服と毛糸。アルバムと遺影・位牌 後CDが少しと孫(私の娘)からもらった大きな熊のぬいぐるみ。
当たり前なのかもしれないが、生活用品はほとんどない。
テレビもタンスも後から私が買ったもの。

今母が住んでいた家を解体中である。
たぶん中のものはもう捨てられていると思う。
母が持ってきたもの=残されたわずかなものを思うと、これだけだったんだなぁと思った。
体調が万全じゃないのにホームに持っていくものの選別にこだわっていた母と思うと、改めてその気持ちがわかる気がした。
「もう捨てたらいいよ」と何度言ったことか。きついことを言ってたのだろうなぁと思う。

今は母の面倒を見れるのは私しかいない。
週一度くらいだけど、こちらで安心して暮らせるようホームに通いたいと思う。

写真は前回と同じ とっとり花回廊
季節外れで失礼。 パソの中の写真がぐじゃぐじゃで(-_-;)
IMG_0637 - コピー


PVアクセスランキング にほんブログ村良かったらポチッとお願いいたします。
しんべい
この記事を書いた人: しんべい
当ブログにお越しいただきありがとうございます。
物を捨てるのが苦手な専業主婦です。老後に向けての片付けブログの予定が、雑多な日記帳になりました。旦那・娘と暮らしています。息子は結婚して他県に在住。男の子の孫が一人います。
ワンコが2021年3月2日に旅立ちました。
2022年9月 ミニチュアダックスが新しい家族になりました。
よろしくお願いします。リンクフリーです。
2008年9月28日ヤフーブログ開始 2019年6月12日FC2へお引越し

コメント 2件

コメントはまだありません

ジュジュ  

人って

何も持たずして生まれてくるし
逝く時も何かを持っていけるものでもないよなぁと思う。
だけどそこに人生の機微を見るから切なくなるのよね。

2019年07月12日 (金) 14:23
しんべい

しんべい  

Re: 人って

> 何も持たずして生まれてくるし
> 逝く時も何かを持っていけるものでもないよなぁと思う。
> だけどそこに人生の機微を見るから切なくなるのよね。

だよね~ どれだけ大切なものでもあの世までは持っていけないけど、たくさんの思い出は残るよね。

母はもうちょっと大事なものとか整理できていたら、もっと楽にホームに持っていくものを選別できてたんじゃないかなぁと思う。
女性ってやはり着るものに拘ってしまうのか服が多いわ(^^ゞ
あまりないにも言わないけど、もっと残したいものがあったかもしれないなぁと。

2019年07月12日 (金) 20:44